学校の違いを把握しましょう

保育士になるためには学校を選ぶ必要があります。とは言っても、保育士になるために学ぶ方法は色々ありますよ。学校によっては取得できる資格が異なってくるケースがあるので、ご自身が将来どのようにして働きたいのかを考えながら学校を選ぶようにしてくださいね。ここでは短期大学と4年制大学の違いについて触れていきます。

短期大学・4年制大学の違い

短期大学の特徴

短期大学にて保育士を目指す場合には、保育に関連する学科に入学する必要があるでしょう。短期大学で保育士を勉強する際には「教育」の分野か「保育」の分野かを選ぶ必要があります。教育の分野で勉強する際には、子供をどのようにして育てていくのかを重視した勉強をすることとなりますよ。保育の分野を学ぶ場合、子供を育てるための環境を考えた勉強をしていくこととなるでしょう。

4年制大学の特徴

保育士として働く方は、とにかく早く就職し現場でスキルを身につけていきたいと考える方が多いと言えます。そのため4年制大学を利用する場合には、保育士以上の学びが必要だと感じるような方にオススメできます。例えば臨床心理士の分野を学ぶことによって、幅広い分野で活躍できるようになるでしょう。子供を育てることについて様々な角度から考えていきたいという方は、4年制大学を検討してくださいね。

利点を確認して

保育士として働くには資格を取得している必要があるものです。資格を持っていると保育士になれるだけでなく、その他にもメリットがありますよ。保育士という職業が気になっているという方は、保育士の資格を取る利点をこちらで確認してみましょう。

保育士の資格を取得する利点

国家資格を持つ事ができる

保育士の資格は国家資格となっています。国家資格は一定の難易度がある資格だと言えます。そのため国家資格を取得している事で、転職を検討した際にもアピールをすることが可能でしょう。さらに国家資格を一度取得してしまえば、継続してその資格を持ち続けることができます。

自分の生活スタイルを大切にできる

仕事をする際には、仕事を優先するべきシーンが多くありますよね。そのため土日祝祭日であっても、仕事をしなければならないケースがあるかと思います。保育士の資格を取得し、保育士として働くことになると、休日もお仕事をするようなケースは非常に少ないと言えますよ。そのため自分の生活を大切にしながら仕事を継続することができるでしょう。仕事と日常生活の両方を大切にしたいと考えているなら、保育士を検討してください。

給料が安定している

保育士として働くためには国家資格が必要になるということもあり、近年ではお給料が比較的安定してきていると言えます。これから先もお給料が上がっていくと予想できますから、なるべく賃金の高いお仕事に就きたいと考えているなら保育士の資格を取得することを目指してみてはいかがでしょうか。

保育士として働くなら、学校を選びましょう

保育所

短期大学がオススメ

保育士になるためには資格を取得することや、一定の知識を持っている必要があるものです。そのため、保育士を目指している方は学校に通うことを検討してください。保育士になるために通える学校としては専門学校や短期大学、そして4年制大学を挙げることができますよ。短い期間で、資格などもきっちりと取得して早く就職したいと考えているなら短期大学を考えてみると良いですよ。

自分の良さを伸ばせる

自分にとって適した短期大学を選ぶ際には、サポート体制に注目しましょう。入学や在学中に受けられるサポートの内容によって、充実した学生生活を送ることができるでしょう。例えば学校はただただ保育士になるために、知識を詰め込むような場所と認識していない方が良いですよ。人はそれぞれ違ったスキルを持っているものです。そのため自分が持っている良いトコロを伸ばしていけるような学びが重要となるでしょう。短期大学を選ぶ際には、授業を通して自分自身の良さを発見できるような学びのサポートがあるのかを確認してください。

就職をサポート

保育士になるために学校に通うわけですから、就職できるのかという点は非常に大切ですよね。短期大学を選ぶ時には就職の際にどれだけサポートをしてくれるのか、という点も確認しておいてください。就職するためのサポートとして具体的に挙げていくと、履歴書作成時にアドバイスをしてもらえることや、面談の練習を行ってくれる、保育園を見学するポイントを教えてくれるなどです。一人一人の就職の内容に応じた適切なサポートをしてくれるのかを、しっかりチェックしておきましょう。

短期大学選びのポイント

なるべく早く保育士になりたいという方が通う学校として、オススメなのが短期大学です。短期大学を選ぶ際には、サポート体制について確認しておくようにしましょう。自分のスキルを伸ばす学び、就職の万全なサポートがあるのかが重要となります。

広告募集中