学校で学んで保育士になりたい方へ〜向いている人とは〜

大変なだけじゃない

保育士は子供のお世話をするお仕事ですが、将来の仕事として保育士になることを視野に入れている方は「保育士って実際どんな仕事なんだろう」と思うことでしょう。「保育士は大変」というイメージを持っている方も多いですが、保育士として働くメリットは沢山ありますよ。こちらでは保育士を目指している方に読んでほしい、保育士のメリットを公開しています!

保育士として働くメリット

no.1

子供が好きな人に向いている

子供が好きでたまらないという方にとって、保育士というお仕事は天職であると言えます。日々子供のお世話をするお仕事となっていますから、お仕事のほとんどは子供と接する時間だと言えますよ。「子供が好き!」という気持ちがあれば、子供からも好かれる先生になれます。

no.2

活躍の場が多い

学校で保育士の勉強をし、資格を取得することで活躍できる場は多くありますよ。保育士の免許を取得していれば、子供と関わるようなお仕事に就職するには非常に有利なのです。保育士の免許を生かして、高いお給料を望むのであれば、保育園以外の様々な施設で働くことも検討してみると良いですよ。

no.3

子供が成長していく様を見守ることができる

子供と接していると「成長したなぁ」と感じるようなシーンに出くわすことは多くあります。自分がお世話をしている子供の成長を感じると、保育士として働いていて良かったなと思えるでしょう。子供が成長する姿は、仕事を続けていく際のモチベーションにも繋がります。

no.4

自分の子供を育てる時に役立つ

保育士としての経験があると、自分に子供ができた時に役立ちますよ。保育士として働く際には自分の子供を育てているかのように、毎日子供のお世話をするものです。そのため将来的にご自身が母となった時にも、保育士としての経験を活かすことが可能となります。

no.5

親御さんに感謝してもらえる

大切な子供を預かってお世話をするわけですから、子供の親御さんにも感謝してもらえるでしょう。子供を観察していて気づいた点などを親御さんに報告することで、信頼関係を築くこともできますよ。子供が成長する姿を共に楽しみながら見守っていく関係になるのです。

学校で学んで保育士になりたい方へ〜向いている人とは〜

保育所

適性をチェック!

保育士になるために学校へ行くことを検討してる方もいらっしゃるでしょう。保育士を目指す前に、ご自身が保育士に向いているのかを確認してみませんか?保育士として働く際には、ある程度苦労が伴うと予想されます。そのためご自身にとって保育士として働くことが向いているのかをチェックしてくださいね。
保育士の適性として第一に挙げられるのが、「子供が好き」ということでしょう。子供のお世話をすることが苦ではないという方は、保育士に向いていると言えます。

コミュニケーション能力

子供が好きという気持ちがある方は保育士に向いているとお話ししましたが、それ以外にも保育士の適性として確認しておきたいポイントがあります。例えば、子供以外の人でもコミュニケーションを取ることが好き、という方は保育士に向いているでしょう。保育士として働いていくには、子供以外と関わっていくシチュエーションも多いものです。そのため人と関わることが得意という方は、保育士として十分な適性があると考えられるのです。

企画を立てる力

子供のお世話をすることが保育士の主なお仕事ですが、時にはイベントなどを開催して子供を喜ばせる必要もあります。そのため子供が喜ぶような企画を考えられる力があるのかも、重要となってくるでしょう。「どうやって子供を喜ばせるか」ということに本気で取り組めるのかが重要なのです。
また、子供と関わる際にはハキハキと話をしなければならないシーンが多くあるでしょう。そのため大きい声でお話しすることができると良いでしょう。動き回ることも多いですから、体力があることも大切ですよ。

保育士に向いている人のポイント

保育士を目指しているというなら、保育士の適性を確認しておく必要がありますよ。保育士になるには「子供が好き」という気持ちがあることが大前提となるでしょう。子供と関わっていくことに喜びを感じることができるのか?という点が非常に大切なポイントとなるのです。

広告募集中