不動産投資でマンションを購入して
不労所得を得よう

リスク軽減がしやすい

自ら管理して経費節減

不動産投資は一部屋だけの投資では調達コストは少なくても、空室リスクも相対的に大きくありリスクを大き抱えてしまうことになりがちです。一方でマンションを棟ごと購入するには大きな資金が必要です。 その中間的なコストで調達できるのが投資物件としてのアパートの棟ごと購入です。 棟ごとですから、一部の部屋が空室でも他の部屋に借り手がいる状態であれば損益ラインを超えるような家賃設定を比較的安価に行うことができますので、借り手に家賃の面での優位性を示しやすくなるというメリットがあります。 そして更に経費節減で損益ラインを下げるためには、投資物件としてのアパートを棟ごと購入するわけですから、日々のマンションのメンテナスうすを自ら行ったり、中古のマンションを棟ごと購入する場合は、最初に経費がそれほど掛からない範囲で綺麗に、そして見栄えが良くなるように改装をするということも効果があります。

木造アパートの増加傾向

投資物件としてのアパートの棟ごと購入といえば、とかく古いアパートをイメージしがちですが、今日では都心部の住宅街を中心に木造アパートが増加しています。そしてその中にはオーナーを募る投資物件アパートも多数あります。 これは木造建築の質が向上し、低層の建物であれば、気密性や断熱性、耐震面などでも鉄筋コンクリートよりも優れた建物をより安価に建築できる技術が開発されたことと、住宅街であれば建蔽率と容積率の問題から2階建てや3階建てしか建てられず、一方で都心部の中の住宅街という静かで落ち着いた環境は希少なエリアといえるため、できればそういった落ち着いた環境で暮らしたいというニーズも一定数あることに起因します。 そうした木造アパートの人気上昇に伴う増加傾向も投資物件としての優位性に直結しています。