心理カウンセラーを目指すなら資格を取得しましょう

心理学のプロフェッショナルに

人と向き合っていく仕事として、心理カウンセラーを挙げることができます。心理カウンセラーとは精神的な問題を抱えた人のために働くお仕事ですが、心理カウンセラーと似ている職種として臨床心理士が存在しています。将来的に心理学の知識を活かした仕事に就きたいと考えているなら、この二つの違いについて把握しておくようにしてください。

心理カウンセラーと臨床心理士の違い

心理カウンセラーとは

心理カウンセラーの特徴として挙げられるのが、資格を取得せずとも働くことができるということです。人の心理に関わるお仕事をしているのであれば、「心理カウンセラー」と名乗ることが可能でしょう。しかし心理カウンセラーとして信頼されるためには、資格を取得しておくことが望ましいと言えます。

臨床心理士とは

臨床心理士は心理学を活かすお仕事の中でも、その専門性が非常に高いとされているお仕事となります。臨床心理士になるためには、「臨床心理士」の資格が必要となるでしょう。臨床心理は非常に難易度が高い資格となっていますから、心理学の知識を深めたい方は臨床心理士の資格を取得することをオススメします。

心理カウンセラーを目指すなら資格を取得しましょう

カウンセリング

技術が必要

心理学の勉強をしていたという方は、心理カウンセラーを目指すことができるでしょう。心理カウンセラーのお仕事として重要なのは「人の話を真摯に聞く」ということです。「それだけ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、シンプルに感じるこの内容には、意外にも技術が必要となります。

相談に乗る難しさ

友達などから、相談を受けるような場面は時折訪れますよね。その際には、どのような言葉をかけるべきなのか難しいと感じることがあるでしょう。掛ける言葉一つで、相手を落ち込ませてしまうこともあるかもしれません。

知識を身につけましょう

人の心の悩みを解決するのは、一筋縄ではいかないものです。適切なアドバイスをするには、相手の話を充分に理解する必要もありますよね。心理カウンセラーとしての技術を身につけるためには、悩んでいる人に対してどのように接するのが正しいのかという知識を身につける必要があるのです。

心理カウンセラー向きの人の特徴

相手の心に興味を持てる

人の悩みを聞く、それが心理カウンセラーとしてのお仕事の基本となります。そのため相手の話をしっかりと聞き、興味を持って接することができる人が心理カウンセラーとして向いていると言えます。

勉強を続けることができる

心理学は奥が深い学問となっています。人の心理は非常に複雑で、それに対する考察も多く存在しています。専門的な知識は豊富にありますから、ご自身のカウンセリングの内容を深めるためにも、常に勉強していく姿勢を持てる方が向いています。

悩みを解決したいと思える

相談者の悩みを解決したいと思える人は、心理カウンセラー向きの方です。心に問題を抱えた人は、すぐに状態が改善することが難しいケースもあるでしょう。クライアント一人一人とじっくり向き合い、悩みを取り除きたいと思えることが大事なのです。

社会を意識できる人

心理カウンセラーと聞くと、一対一のやり取りだと想像するでしょう。そのため「社会」といった言葉は、あまり関係ないように感じてしまうこともあるかもしれません。カウンセリングを実施する際、その目的の一つとして「相談者が社会と上手く適応していくことを手伝う」ことを挙げることができます。そのため社会を意識しながらクライアントと接する必要性があるのです。

辛い経験をしたことがある

人と同じような経験をしていることで、その理解度を深めることができるでしょう。心理カウンセラーは人の気持ちを理解する力が必要ですから、ご自身も過去に大きな悩みを抱えたことがある方は、心理カウンセラーに向いているのです。

広告募集中